筋肉の痙攣や多汗症に困っている人に有効な治療法

サイトメニュー

女性

汗の悩みも安全に対処

ボトックス治療は手術でしか得られなかった美容効果を注射だけで得られる美容医療術です。手軽で副作用もなく、筋肉太りやしわ改善以外にも多汗症やワキガ改善にも効果的です。手軽な治療ですが、施術する医師の腕によって結果が左右されます。

詳しく見る

口元

クリニックの努力

ボトックス治療は副作用が起こる可能性が低いですが、起こる事がゼロではありません。限りなくゼロにし、患者の希望を叶えられる様にクリニックでは必ずカウンセリングを行っています。リスク説明や状態確認だけでなく治療費についても伝えられます。

詳しく見る

女性

受けやすい美容整形術

ボトックスの治療範囲は広く、小顔やしわ改善・筋肉太りに多汗症改善に効果的です。注射するだけの治療であり、腫れたり日常生活に支障をきたす様な副作用もほとんどありません。施術を受けて普段通り生活しているだけで、悩みを解消する事ができます。

詳しく見る

整形

生活に支障なく美しくなる

ボトックス治療は副作用やダウンタイムがほとんどないので、施術後より普段通りの生活を送る事ができます。効果も徐々に現れ、周囲の方に美容整形を受けた事を知られる心配もありません。受けやすい治療として世界中で活用されています。

詳しく見る

ボツリヌス菌の効果

エステティシャン

症状は防ぐことができる

ボトックスとは、ボツリヌス菌という最近が作り出す成分から抽出した毒素のことです。筋肉の麻痺を引き起こす作用があり、ごく少量を痙攣している筋肉に注射することで痙攣を治めることができます。日本では主にまぶたや顔の痙攣の治療や顔のシワを抑えるために利用されます。日本国内では4000人以上もの患者に投与されている薬品で、頭痛や炎症などの副作用を引き起こす可能性が、症状が出るのは稀であり仮に出たとしても1、2週間で治まるとされています。ボトックス注射による副作用は薬の量を減らすことにより防ぐことができるとされているため、深刻な症状を引き起こすことはないとも考えられています。ボトックスは、えらの治療にも効果があるといわれています。食べ物を咀嚼することにより発達してしまった顔のえら部分に注射することにより、角ばった輪郭を改善することができます。わきがや多汗症に対しても、効果を発揮します。多汗症は、交感神経が過剰に働いて必要以上の汗を分泌してしまう病気です。ボトックスを投与することにより交感神経へ伝達される物質を元から抑え、汗を抑えることができます。薬剤を投与した効果は、2、3日ほどで現れます。効果は2週間ほどでピークを迎え、3カ月ほど持続します。

ボトックス注射をすることで副作用が発症する可能性が稀にありますが、薬の量を減らすことで防ぐことができます。副作用を防ぐため、ボトックスを使用した治療をする場合は少量から始めるようになっています。しかし薬の量が少なすぎると効果が充分に発揮されない場合が考えられます。その場合薬の量を増やすことになりますが、そうすると副作用を発症する危険が出てきます。薬の量を増やしつつ副作用を防ぐ方法としては、適度にストレッチや運動をすることが挙げられます。治療効果も継続しやすくなるので、注射後のリハビリテーションは大事であるといえるでしょう。ボトックスを投与した当日は、内出血のリスクを減らすために激しい運動や飲酒は禁止されています。妊娠中や授乳中、過去にボトックスによってアレルギー症状を引き起こしたことのある場合は、治療を受けることができません。その他持病を抱えている場合も治療を受けられないケースがあるため、事前によく確認しておきましょう。また、他の医療機関にてボトックスの元の成分であるボツリヌス製剤を処方してもらっている場合も治療は控えるように注意喚起されています。気になることを担当医によく確認しておくことで、施術後のトラブルを防ぐことができます。