筋肉の痙攣や多汗症に困っている人に有効な治療法

サイトメニュー

汗の悩みも安全に対処

女性

簡単な治療方法だが医師の選択は慎重に

ボトックス治療はメスによる手術をせずに、注射するだけの施術内容で手術でしか得られなかった美容効果を得る事ができます。薬剤のボツリヌストキシンは医療現場でも治療薬として使用されていたのを美容医療に転用されており、副作用もなく安全な治療として人気です。筋肉が原因で起こる美容上の悩みを改善でき、筋肉太りやしわやたるみに効果的です。実はワキガや多汗症対策にもボトックス治療は効果的であり、汗の分泌を抑制する事もできます。多汗症により手汗があり、車の運転時にハンドル操作がしにくい事も改善できます。そしてワキガですが、その独特の臭いが発生する要因は汗にあります。ワキガは腋にいる常在菌が、汗に含まれるたんぱく質や脂質を餌として分解した際に発生します。市販の美容グッズでも汗を抑えたり常在菌を殺菌する商品はありますが、常在菌を完全に死滅させる事は不可能で、汗も時間経過により抑えられなくなります。腋汗を抑制する事で臭いの発生を防ぐ事ができます。ボトックス治療により汗腺へ送られる神経伝達物質を抑制し汗の分泌を抑えられます。汗の分泌は体温調整に不可欠な事ですが、腋汗を抑えても人間の体温調節に不具合が生じたり副作用が発生する事はありません。

ボトックス治療は薬剤に副作用がなく、腋汗を抑えたとしても人体に不具合や副作用を生じさせる事もないので安全に悩みを解決できます。注射するだけの治療内容なので手軽で簡単に見えますが、この治療は施術側からすると高度な医療行為になります。薬剤であるボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌から抽出した天然のたんぱく質です。神経毒を応用して治療に活かされており、脳から筋肉への伝達物質であるアセチルコリンの分泌を抑制します。症状や状態により、そして体質や体型によってもボツリヌストキシンの注入量は違います。適切ではない量を注入する事で、筋肉の弛緩が日常生活に支障があるレベルになったり、思わぬ副作用を発生させるリスクがあります。だからこそ薬剤に詳しく医療知識が国より認められている医師が必ず施術を行う医療行為と定められています。医師も人間なので全て同じ知識や判断力を有しているわけではなく差はあります。特にボトックス治療は美容医療に転用されてまだ新しい事もあり、実績があったり熟練に達している医師ばかりではありません。どの医師でもよいという治療ではないので、十分なボトックス治療に対して実績の有無は確認してクリニックを選ぶ事がリスク回避に繋がります。